看護実習レポートで迷わない。効率的な書き方とは【例文あり】

看護実習レポートで迷わない効率的な書き方
迷える看護学生

レポートが終わらない!
看護学校ってレポート多すぎ!
毎回何書いて良いか悩むよ〜

こんにちは、ひるねです。
看護学生の皆さん、毎日お疲れ様です。
課題レポート、テスト、実習、何かに追われて毎日を過ごすのは大変ですよね。
何度「こんなにレポート書かせやがってッッ」と思ったことか…笑
レポートの書き方がイマイチわかりません、という看護学生さんも少なくないはず。
今日は看護学生向けにレポートの書き方について解説したいと思います。

この記事の内容:
〼看護学生向け。レポートの書き方を解説。
〼レポートの例文を紹介。

目次

看護学生のレポートはこの構造で書け!

レポートは「序論」「本論」「結論」の順に書きましょう、と
習った学生さんも多いのではないでしょうか。
看護のレポートも同様に序論・本論・結論の順に書くようにしましょう。

迷える看護学生

そんなこと言ったって
その序論とか本論とかが
何書いていいのか分からないんじゃんか。

レポートはそんなに難しく考えなくて大丈夫です。
次から詳しく説明します。

レポートを書く前にゴールを決めておこう

序論で導入部分を書いて、本論で詳しく書いて、結論で1番言いたいことをまとめて…
と難しいことを考えていると何もかけなくなってしまいますよね。

まずは書き始める前にレポートのゴールを決めます。
ゴールとは一番言いたいこと、つまり結論部分になります。

例:より良い看護を提供するために
  患者さんの本心を汲み取ることが大切だと学んだ。

これがいわゆるゴールです。
このゴールに辻褄が合うように具体例やエピソードを追加していきます。

結論に至るにはどんなエピソードや具体例が必要かを考えてながら書き進めましょう。

今回の例の場合は
「患者の本心を汲み取ることが大切だと学んだ」が結論なので
本心を汲み取ることができた・本心を打ち明けてもらえた、
というエピソードが必要です。

エピソードは5W1Hで具体的に書く

本論で使うエピソードを書くときは5W1Hを意識して書くと具体的で良いでしょう。

例の場合は
When→翌日に
Where→ベッドサイドで
Who→自分が、Aさんが
Why→夜間に眠れていないことを疑問に思ったので
How→そのことについて尋ねてみたら
What→本心を(打ち明けてもらえた)
となります。

このように5W1Hに沿って肉付けするとより具体的なエピソードを書くことができます。
本論ではエピソードや具体例を書き
結論に繋がるように接続後を活用すれば完成です。

本論には「できなかったこと」や「反省点」も書くと直良し

本論の部分では「できなかったこと」や「反省すべき点」なども書くと
レポートに深みが出るのでおすすめです。
今回の例に沿って書くなら

 Aさんは手術前で自立歩行も可能であるし、不安もないとおっしゃっていたので看護ケアは必要ないのではないかと考えていた。しかしAさんの本心を知って、自分の考え方や初日のAさんへの関わり方について深く反省した。

この例ではエピソードから生じた「反省点」まで踏み込んで書いています。
また付け加えるなら、
反省の結果自分の中でどのように考え方が変わったかまで書けると良いでしょう。

序論=結論 言葉を少し変えれば良い

ここまでの流れで
・自分が一番言いたいこと=結論

・具体例=本論
は書く内容が決まりました。

次は序論ですが、これも難しく考える必要はありません。
序論は結論を少し言葉を変えて書きましょう。

この例では、
「患者の本心を汲み取ることが大切だと学んだ」を結論に使用するため
序論では上の図のように言葉を書き換えています。

序論で「一番言いたい事」を持ってくると
レポートを読む側が「何について書かれたレポートなのか」が分かるため
内容が頭に入りやすく、読み手に親切です。

今後の展望を書いて文章を締めよう

文章の終わりでは
「導き出した結論を今後どのように活かしていきたいか」
というところまで踏み込んで書くと良いでしょう。

例:今回学んだことを活かして、次回の○○実習では患者の本心に寄り添った看護計画を立案しようと思う。

このように「どう活用するか」を明確にすると
文章の説得力が増します。

看護学生向け!レポートに使える文章例

ここまでレポートの書き方について解説してきました。
ですが、「文章を書くこと自体が苦手なんじゃい!」という学生さんもいますよね。
そんな学生さん向けに
レポートの文章例を用意してみました。


■実習レポートに使える文章例

私は今回の____実習で、__________ということの大切さを知った。そして________ということは___________を行う上で重要であることを学んだ。

 (5W1Hを使って実習で体験したエピソードを記入)

 この体験から/この○さんとのやりとりから、看護師にとって__________ということがとても大切なことであると痛感した。今後は今回学んだ__________を意識して__________に気をつけていきたい/次回の実習では今回学んだ__________を活かして、__________を行っていきたい。

■授業の感想文に使える文章例

 私は今回の___の講義で_________ということを学び、__________という発見を得た。

 (授業で扱った内容などを記入)

 そのため_________とは看護を行う上で非常に大切なのだと感じた。この学びを基に、実践では(実習では)____________ということに気をつけていきたい。

上記は非常に簡単な構造ですが
使い回しが効くと思います。
レポートの構造や言い回しに迷ったときには上記の例を参考にしてみてくださいね。

おすすめの参考書はこちら:看護師のためのこれならわかる! 伝わるレポート・論文の書き方

看護師向けのレポートの書き方や文献のまとめ方を分かりやすく解説してくれている本です。学生さんにもおすすめです。看護研究等でレポートを作成する機会が多い看護師だからこそ、レポートの基本的な書き方は文献を読んで身につけておきましょう。

まとめ

レポートの書き方について解説してきました。
看護学生のみなさんは、本当に毎日たくさんの課題に追われていることと思います。
どんなレポートも基本構造は同じです。
・序論
・本論
・結論
から成っています。
レポートの構造や書き方をマスターして
少しでもラクに課題作成が進むと良いですね♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

急性期外科病棟を1年で退職し転職も失敗/派遣ナースを経て現訪問看護師/ 病棟外のナースキャリアについて提唱したい/夢はナース×ブロガー/ 「看護学校受験」「看護学生向けのお役立ち情報」「若手ナースの転職」「訪問看護師の働き方」について情報発信しています。

目次
閉じる