看護師が在宅ワークできる働き方って?求人があるか調べてみた。

迷える看護師

看護師だけど在宅ワークしたい!
在宅ワークできる仕事ないのかな?

こんにちは、ひるねです!
コロナの影響で在宅ワークに移行する企業が増えてきましたね。
私も在宅ワークしたい!なんて思いながら働いている看護師さんもいるのでは?
実際に看護師で在宅ワークできる仕事はあるのか?調べてみました。

この記事の内容:
〼【結論】看護師の完全在宅ワークの求人はほとんどない。
〼訪問看護なら一部在宅ワークが可能。
〼話題のクラウドソーシングにも看護師向け案件は存在する。

目次

【結論】看護師の完全在宅ワークの求人はほぼない。

看護師 在宅ワーク 求人

Googleや indeedで「看護師 在宅ワーク 求人」で検索をするといくつか求人が表示されました。
実際に目を通してみると以下のような求人がいくつか見つけられました。

・禁煙支援のカウンセリング業務
・保健関係の相談、カウンセリング業務
・看護師養成講座の教師
・訪問看護

こうした求人の中でも完全在宅ワークができるのは「カウンセリング」業務のみ
訪問看護は一部在宅可という勤務形態が多くみられました。
また、正社員募集の求人はほとんどなく(訪問看護のみ)で、
ほとんどが報酬制(カウンセリング1件いくら)の勤務体制でした!

そして完全在宅ワーク可能な「カウンセリング」系の仕事は非常に少なく首都圏にしか見当たりませんでした。

訪問看護なら一部在宅ワーク可能な企業も!

看護師 在宅ワーク 求人

完全に在宅ワークというのは難しいですが
一部の訪問看護ステーションでは「在宅勤務可」を実施しているようです。

ひるね

私が勤めている訪問看護ステーションでは
訪問時間以外の記録等の作業は自宅やカフェ利用可能です!

コロナの影響もあり、ステーション内に人が集まるのを抑えようという目的で
直行直帰や在宅勤務可を制度として取り入れたステーションも多いようです。
実際に私の勤務先でも記録などの作業やミーティングは自宅で行うようにしています。
訪問のみ自宅から向かう、という働き方をしています。

ただしこの制度は「訪問エリアと自分が住んでいるエリアが近い」場合にしか活用できません。
1日に数件回るのに、別の地域の自宅にまでいちいち帰っていられないですからね。

では看護師は在宅ワークは難しいのでしょうか?

今話題のクラウドソーシングを活用するという手もある!

クラウドソーシングとは今話題のサービスです。
簡単に言うと、
仕事を頼みたい企業や個人と仕事を受注したい個人とを繋ぐ仲介的なサービスになります。
代表的なサイトといえばこちらです。

ランサーズ
クラウドワークス
ココナラ
シュフティ

迷える看護師

クラウドソーシングって言ったって
看護師資格を活かせる仕事なんてないでしょ!?

そう思った方。そんなことはありません。
クラウドソーシングでは看護師向けに以下のような案件があります。

・看護師向け記事のライティング
・看護師向け企画のアンケートやインタビュー
・看護師による健康相談やカウンセリング
・記録物関係の作成代行や援助

実際にはどれくらい稼ぐことができるの?

実際にクラウドソーシングサイトに上がっている看護師向けの案件の報酬をまとめてみました!

業務内容報酬
①看護師向け記事のライティング・1記事あたり(1000文字目安)で1,800円
・1記事あたり(6000文字目安)で10,000円
・1記事あたり(2000文字目安)で1,000円
・1文字1円
②看護師向けのアンケート・1アンケート 100円
・1アンケート 33円
・1アンケート+口コミ投稿 1,000円
③看護師による健康相談・1回1時間 1000円
④記録物関係の作成代行・援助・1案件 1000円
・関連図作成1枚につき3000円
※①②…参考:ランサーズ ③④…参考:ココナラ


依頼によって報酬はまちまちなので一概には言えませんが
ライティングの場合は1文字1円程度の案件が多く見受けられました。

月に数万円なら初心者でも稼げる!

看護師 在宅ワーク 求人

もしあなたが1時間1000文字で記事を仕上げられるのであれば
時給は1000円ということになります。
「え〜時給安い!」
と思うかもしれませんが、
在宅ワークで通勤時間がかからないことを考慮するとそうでもないのかも?

また案件をこなして徐々にスピードを上げたり実績をあげてクライアントと交渉したりすることで
単価報酬を上げることが可能です。

まずは副業として、案件を受注し実績をあげていくのが良いでしょう。

まとめ:看護師の在宅ワークは難しいけどクラウドソーシングを活用すれば仕事は見つかる!

看護師の完全在宅ワーク求人を探すのは難しいことが分かりました。
ですが、近年では「在宅ワーク可」の訪問看護ステーションも増えてきていますし
クラウドソーシングで看護師資格を生かして稼ぐということもできるようになりました。

看護師として自宅で働くのはまだまだハードルが高いですが
本業の傍、在宅で看護師ライターを目指してみたり
訪問看護でプチリモートワークをしてみたり、と挑戦してみても良いかもしれませんね♪

https://libenurceblog.com/nurse-career-change/nurse-side-job/1292/
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

急性期外科病棟を1年で退職し転職も失敗/派遣ナースを経て現訪問看護師/ 病棟外のナースキャリアについて提唱したい/夢はナース×ブロガー/ 「看護学校受験」「看護学生向けのお役立ち情報」「若手ナースの転職」「訪問看護師の働き方」について情報発信しています。

目次
閉じる